産業カウンセラーの資格

    

人気の資格一覧

menu

産業カウンセラー資格の対策について




                  



産業カウンセラーの資格を取得するには、試験に合格しなければなりません。

産業カウンセラーには受験資格が設けられています。心理学を専攻した学士や4年以上の実務経験者、または協会の認定する養成講座を修了していなければなりません。

産業カウンセラーは国から必要性を認められている資格であり、したがって、国が産業カウンセラーを育てるという意味でも、養成講座が全国各地で開かれています。

そのため、産業カウンセラーになるのであれば、国が認定している日本産業カウンセラー協会公認の養成講座を受講することが近道といえるでしょう。

産業カウンセラーの養成講座の内容は、まず、授業時間が約170時間、期間にして半年以上というなかなか遠き道のりです。

基本的に、土日開講なので、働いているかたでも受講できます。


現役の産業カウンセラーの方に指導を受けられ、実際のカウンセリングの練習も行います。


スポンサードリンク

産業カウンセラー資格の結果・合格率


産業カウンセラーの試験は、学科試験と実技試験があります。
学科は5つの項目があり、

・産業カウンセリング概論
・カウンセリングの原理および技法
・パーソナリティ理論
・職場のメンタルヘルス
・事例検討

に分かれています。

実技試験とは、カウンセリングを適切に行えるかどうかを試す、口述試験になります。

産業カウンセラーの受験料は3万1500円、シニア産業カウンセラーの場合は4万2000円です。

2004年度に行われた産業カウンセラー試験の合格率は67.1%でした。
シニア産業カウンセラーの合格率は28.0%です。



   スピリチュアルカウンセラー・離婚カウンセラー
   産業カウンセラー
   心理カウンセラー
   環境カウンセラー
   カウンセラーの資格とは
   教育カウンセラー
   カウンセラーの募集って?



スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.