インテリアコーディネーターの求人の現状

    

人気の資格一覧

menu

インテリアコーディネーターの求人情報




              



インテリアコーディネーターの求人情報、募集情報の探し方で一般的に知られているのがインターネット上の求人情報サイトで「インテリアコーディネーター」と検索する方法。

また求人情報誌や新聞の求人広告を探す方法もあります。

ここで注意したいことがたとえインテリア業界の会社だとしても、募集している内容をよく確認することです。

「事務」などの募集の場合はインテリアコーディネーターとしての仕事ではありませんのでよく求人内容を確認しましょう。

またほかにインテリアコーディネーターの資格試験スクールの求人情報があります。

これはそのスクールの在校生や卒業生がのみが閲覧できる場合が多いのですが、そういった求人情報では、一般的な求人情報とは異なりより豊富な求人情報と本来の仕事に近いインテリアコーディネーターとして働くための募集情報を得ることができますので、この点からもスクールに入る場合はこういった求人情報を利用できるかどうかなども決め手になります。

より就職しやすいスクールを選びましょう。

またこの業種は、派遣社員から正社員へ登用されることも多々ありますので派遣社員の求人を探すというのもありだと思います。

新聞広告にも求人情報はある!

新聞に入ってくる折込広告にインテリアコーディネーターの求人が載せられていたのを何度か見たことがあります。

リフォーム会社などの広告に見られることがあるようですので、見逃さないようチェックしましょう。たとえそこに応募しないとしても、色々な求人を見て比較することも就職活動においては必要なことです。


スポンサードリンク

インテリアコーディネーターとしてフリーになるという選択



インテリアコーディネーターはフリーで働いている方がとても多い職種です。

しかし、もちろんいきなり経験も何も無くフリーランスとして働くとなると成功するわけがありませんのでまずは下積みをし、経験をつみ人脈をつくる。

どんな職種にも言えることだと思いますが、しっかりと基盤を育ててからフリーとして活躍するという順番が正しいでしょう。

フリーになる道のりとしては色々とありますが、例としてインテリア関係の職種での転職を繰り返し、各方面での基礎や知識を色々とつけていって、独立する方法があります。

しかしこれには莫大な時間を費やすこととなりますので、なるべく早く独立したい方はやはりハードワークが必須でしょう。

自分に全てのことをまかせてくれる設計事務所やデザイン事務所で、(こういう所は小規模のところが多いです)経験をどんどん積んでいき人脈も育てていけば、3,4年ほどで独立するためのスキルや人脈はつくのではないでしょうか。

ただし<ハードワーク>は必須です。

インテリアコーディネーターの求人の現状


インテリアコーディネーターの求人は、一般求人情報誌や求人サイトではさほど多くなく探すのもなかなか難しいかもしれません。

しかしスクールの求人情報では常に旬の情報を掲載しており、企業側もよりよい人材を必要としているために企業はインテリアコーディネーターの求人をインテリアコーディネーターのスクールへ出すという傾向がみられます。

今現在のインテリアコーディネーターの求人の現状としては、スクールの求人を利用するという方法が主流なようです。



   インテリアコーディネーターの資格とは
   インテリアコーディネーター試験の概要



スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.