ケアマネージャーの資格試験・主任ケアマネについて

    

人気の資格一覧

menu

ケアマネジャーの資格




                



介護保険の活用にかかせないのがケアマネジャー(介護支援専門員)です。

介護保険に対し、どんなサービスをどのように使えばいいのかという分かりにくいことを本人に代わりマネジメントするのがケアマネジャーの役割です。

これは、要介護認定を受けた人に対して「ケアプラン」を作成することにあたります。

ケアプランとは、介護を必要とする人に対してその人本人に適切なサービスを提供するための計画のことです。本人と家族の希望が叶うよう作成します。

ケアマネジャーの資格は国家資格であり、介護を必要とする人本人と、その家族が望んでいる介護の形を把握し、適切な介護の実施を行うために無くてはならない存在です。

就職先としては居宅介護支援事務所や介護保険施設などがあげられます。ケアプラン作成以外の仕事の内容としては、要介護認定の申請の代行を行ったり、介護保険施設では介護保険費用の計算や請求作業を行います。

ケアマネジャーの求人の現状は?

ケアマネジャーは現代において、絶対数が不足しているようです。

しかしケアマネジャーの求人は不定期採用が主となっていて、一度に大量のケアマネジャーの募集をすることも少ないので、ハローワークや福祉人材センター、またはケアマネジャー資格の対策講座を行っているスクールからの紹介やインターネットの求人広告など求人情報をこまめに収集し、チェックする必要があります。

ケアマネジャーの求人が行われるときは事業所や施設が新規に開設されるときや、欠員が出たときです。時期を見逃さないように気をつけながら就職活動を行う必要があります。


スポンサードリンク

ケアマネジャーの試験



ケアマネジャー試験の試験科目は、大きく分けると2つ。「介護支援分野」と「保健医療福祉サービス分野」です。

「介護支援分野」では介護保険制度や要介護・要支援認定持論、介護支援サービス機能論などがあげられます。

「保健医療福祉サービス分野」では、高齢者の身体的特徴や精神的特徴について、また高齢期に多い疾病や障害について、訪問介護や通所介護方法論などがあげられています。

試験はマークシート方式で60問。時間は2時間となっています。

合格ラインは各部門とも80%程度とされていますが詳しくは公表されていません。

ケアマネジャー試験の合格率ですが、年々難易度が高まる傾向にあり、最近の合格率は30%前後で、合格者の職種の割合は看護師・准看護師が最も多く全体の1/3を占めています。

試験の期日は10月下旬となっています。申込は7〜8月です。日程は全国共通で、手続きや申込期間は各都道府県によって異なりますが、問い合わせは各都道府県の高齢福祉課、もしくは介護支援課などにするのが一般的です。

受験資格について

ケアマネジャー試験の受験資格は、まずは一定の資格と一定の期間の実務経験があることがあげられています。

詳しく説明すると、医師・保健師・看護師・理学療法士・社会福祉士・介護福祉士などの保険・医療・福祉の分野での国家資格をもっていて、さらにその資格に関わる業務に従事期間5年間以上、かつ実務勤務日数が900日以上ある人はケアマネジャーの資格の受験資格があります。

勤務形態は問わず、常勤でも非常勤でも「5年以上、900日以上の従事期間」という条件を満たしていれば受験資格があります。

試験の申込の際にこれらの資格を有している証明書と実務経験証明書が必要になります。

そして第二の受験資格者は、一定の職場で従事期間が5年間以上、900日以上ある人となります。

一定の職場とは児童福祉施設の児童相談員や、身体・知的障害者更生相談所のケースワーカー、各種老人ホームの生活相談員などや、町村の老人福祉担当職員、保健所の公共医療事業従事者などです。

また、社会福祉主事、ホームヘルパー2級所持者などその他の相談援助業務従事者(一定の資格または福祉施設での1年以上の相談援助経験があり、医療機関の医療社会事業従事者、介護保険事業者の相談援助業務従事者など)にも受験資格があります。

そのほかにも細かく受験資格が決まっていますので、自分に受験資格があるのかどうかわからないという方は問い合わせを。



主任ケアマネジャーとは


ケアマネジャーは、介護保険の要として今まで位置づけられていました。

しかしケアマネジメントが適切に機能していないとの批判の声があがり、その責務を強化するための仕組みが取り入れられることになりました。

新たに設けられた地域包括支援センターには主任ケアマネジャーという役職がおかれ、地域のケアマネジャーでは対応が困難とされる事例に対して相談に乗ったり、マネジメントが適正に行われているかどうかを検証したりする役割を果たしています。

この主任ケアマネジャーは、平成18年度に新設されたばかりの職種です。ケアマネジャーとしての実務経験が5年以上あることや、専門員研修を修了することで主任ケアマネジャーとして働くことが出来ます。




スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.