ファイナンシャルプランナーの資格

    

人気の資格一覧

menu

ファイナンシャルプランナーの資格




                 



ファイナンシャルプランナー(FP)とは、顧客のライフプランを企画・考案する人のことです。その人の収入や支出、資産や負債などの情報をもとにそのデーターを分析し、資産や不動産の運用、住宅購入資金や教育資金、税金や保険、そして老後の資金にいたるまで顧客の利益に還元するための手助けを行います。

ファイナンシャルプランナーは顧客の最もプライベートな部分を知り得る立場にあり、また作成したプランはその顧客の一生を左右することになります。よって高度な知識や技能に加えて、厳しい職業的倫理感が求められます。

ファイナンシャルプランナーの資格にはどのようなものがあるか?


ファイナンシャルプランナーには国家資格の1〜3級のファイナンシャルプランナー技能士(FP技能士)と、民間資格ではCFP協会、AFP協会がそれぞれ認定試験を行っています。

2級FP技能士検定は、AFP認定試験を兼ねます。また、公認会計士・税理士は、AFP認定研修(税理士課程)を修了することによりAFP資格を得ることが出来ます。


スポンサードリンク

ファイナンシャルプランナーの活躍の場は



ファイナンシャルプランナーとして働ける場は、主に銀行や郵便局、証券会社や生命保険・損害保険会社等の金融機関や、不動産会社などとなります。

また独立し事務所を設けてFPとして活躍することもできます。独立しファイナンシャルプランナーとして働く人は、公認会計士や税理士などがFP資格を受け自営している場合が多いようです。

仕事内容としては、金融機関や不動産企業で働くファイナンシャルプランナーは自社で取り扱っている保険や不動産などの商品を顧客に販売するという形が多いです。

つまり営業社員ということです。あくまで顧客のライフプランニングをする上で重視することは自社の商品を利用してもらうということになります。

しかし独立したファイナンシャルプランナーはこれとは異なり、より本来の意味に近いファイナンシャルプランナーとしての仕事をしている場合が多く、マネーセミナーの講師なども行うことがあります。

但しファイナンシャルプランナーは顧客の利益を一番に考えなければならず、特定の会社の金融機関のみを顧客に紹介してはなりません。


FP資格だけでは独立するのは難しい

ファイナンシャルプランナーは資産運用やライフプラン作成といったその独自の内容から税金のことや相続などについて相談を受ける場合が多いので、税理士法または弁護士法に抵触してしまう相談内容があるとFP資格のみではこれに応じることができません。

よってFP資格それだけでの独立は困難といえます。またFP3級資格だけでも独立は難しいでしょう。



ファイナンシャルプランナー資格の難易度と合格率


ファイナンシャルプランナーの資格試験はまず3級からという考えが主流であり、国家資格であるFP資格3級の合格率は学科試験で70%程度の合格率があり、これから見ても難易度は低いといえます。

実務試験での合格率も50〜70%程度で、まずは3級を入り口にすると良いでしょう。

FP2級とAFP資格がその上のランクにあたり、さらにFP1級・CFPがトップクラスです。トップクラスの資格になると難易度はやはりそれに伴いかなり上がってきます。FP1級での学科試験合格率は高い年でも3%程度と難関度は高いです。それに比べ実技試験での合格率は、80%割と高くなっています。


   ファイナンシャルプランナーの試験について
   まずはファイナンシャルプランナー3級を取得!



スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.