ファイナンシャルプランナーの試験について

    

人気の資格一覧

menu

ファイナンシャルプランナーの試験




                 



ファイナンシャルプランナー試験は、ファイナンシャルプランナーの資格で述べたように、まず国家資格であるFP資格が1級〜3級まであり、民間資格としてAFPとCFPがあります。

まず1〜3級までのFP資格ですが、各級とも学科試験と実技試験を行いそれぞれで合否判定があります。

実技試験は選択科目方式で、受験の申請の際科目を選択するようになっています(資産相談業務or資産設計提案業務)。

また2級と3級では学科試験と実技試験を同日に受験することができますが、両方の受験者よりも学科試験のみ、実技試験のみといったステップアップ方式での受験の仕方を選ぶ人のほうが合格率が高いと言われています。

学科試験あるいは実技試験のどちらかに合格すると、一部合格証が発行されます。そして翌々年度までの試験において、合格している科目が免除されます。1級試験では、学科試験合格後に実技試験を行います。

ファイナンシャルプランナー 受験資格について

ファイナンシャルプランナーを目指す人はまずファイナンシャルプランナー3級が入り口と考える人が多いです。

そして2級ですが、2級を受けるには受験資格として、実務経験2年以上、FP3級に合格していること、日本FP協会が認定するAFP認定研修の修了者、という項目が定められています。

1級の受験資格は実務経験5年以上、FP2級合格者で実務経験が1年以上ある人が1級の学科試験を受験することができます。

また、金融財政事情研究会が実施する「普通職業訓練短期課程金融実務科FP養成コース」の修了者で、実務経験が1年以上あれば1級の学科試験は免除され、実務試験のみ受験することができます。さらにCFP認定者やCFP資格審査試験合格者も1級の学科試験が免除されます。


スポンサードリンク

AFPとCFPについて



まず、AFP資格を取得するには日本FP協会が設けているAFP認定研修を修了し、かつFP2級試験に合格したのちに所定の期間内に日本FP協会へ登録することでAFP資格を得ることができます。

AFP認定研修とは一定のカリキュラム・単位を履修し提案書を作成してその提案書が一定水準以上の点数を得られれば研修は修了となります。

学習項目はファイナンシャルプランナーとしての基礎から金融資産・不動産の運用設計、ライフプランニングや保険の知識など多岐に渡ります。

この受講に年齢制限は特にありませんが、AFPの認定申請時に義務教育を修了もしくは同等以上の学力があるとみなされることが必要です。講座には学習期間が定められていて、受講開始から1年以内に修了しなければならないことになっています、AFP認定者には資格の2年ごとの更新が義務付けられており、2年間で15単位を取得しなければなりません。

世界で信頼されるCFPの資格

CFP資格は1992年に日本に導入されたファイナンシャルプランナーのプロフェッショナル資格です。世界20カ国でCFP資格が認定されています。

この資格は、世界で認められた共通水準のファイナンシャルプランニングサービスが提供できるプロフェッショナルの証明となります。

CFPを取得するにはCFP資格審査に合格し、試験合格後にCFPエントリー研修を受け、2年後との更新の際協会が定める継続教育単位を取得、そして3年間の実務経験を有すること、協会が定める倫理規定を順守する旨の制約を交わすことが挙げられます。

CFP資格審査試験とは原則として年2回実施されており6課目において受験し、合格することで試験を通過できます。



国家試験のファイナンシャルプランナー試験を受けるには


ファイナンシャルプランナーの試験を受けるには、郵送で申し込むか、インターネット上でこちらのページより申し込む2種類の方法があります。郵送で申し込む場合の申請書はこちらからダウンロードできます。


   ファイナンシャルプランナーの資格
   まずはファイナンシャルプランナー3級を取得!




スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.