まずはファイナンシャルプランナー3級を取得!

    

人気の資格一覧

menu

ファイナンシャルプランナー 3級について




                 



ファイナンシャルプランナー3級試験は、正確に言うと「ファイナンシャル・プランニング 技能士資格」という資格で、受験資格は「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」というように定められています。

よってファイナンシャルプランナーを目指している人であれば受験資格はあります

試験は学科試験と技能試験に分かれていて、両方に合格することで資格を得ることが出来ます。

学科試験は、マークシート方式による○×方式と三答択一式の全60問で構成されています。

実技試験では「個人資産運用業務」もしくは「保険顧客資産相談業務」のどちらかを選び実際のファイナンシャルプランニングや個人顧客の問題点の把握、問題の解決策の検討・分析を行う筆記試験方式となります。

また日程ですが、FP3級試験は年に2回、1月と9月に開催されています。→(社)金融財政事情研究会

ファイナンシャルプランナー3級試験の範囲について

3級試験での学科試験は、6つの項目で構成され、ライフプランニングと資金計画/リスク管理/金融資産運用/タックスプランニング/不動産/相続・事業承継という大まかな項目の中でさらに細かくその項目について知識を問われていく形です。

合格基準は学科試験が60点満点中36点以上、実技試験では50点満点で30点以上で合格と決められています。


スポンサードリンク

ファイナンシャルプランナー3級の学習方法



ファイナンシャルプランナー取得講座を多くのスクールが開講しており、それを利用するのが一般的です。

資格の大原や、ユーキャンなど非常に多くのスクールがありますので、自分に合ったところをよく考えて決めましょう。スクールの内容も通信講座から通学、ビデオなど様々です。自分に効果的な学習方法の場所を利用しましょう。

ファイナンシャルプランナー3級を独学で

FP技能試験3級では学科試験における合格率が70%程度と割と難易度が低く、合格率は高めです。

この点から見て独学で受験するという人も珍しくありません。独学で勉強する際にはテキストなど学習用の教材が必要となりますが、FP技能検定試験対策用として、「きんざい」よりテキストが発売されていますのでそちらを利用する方法があります。



ファイナンシャルプランナー3級の試験を受ける前に


試験を受ける前に必ず確認をしておきたいものが過去問です。模範解答と合わせてチェックをしましょう。

独学で受験を考えている人は特に見ておいた方が良いでしょう。何の試験においても言えることですが、資格試験というものには必ず傾向があります。過去問を実際に見たり解いたりすることで、傾向が分かってきます。必ず目を通しておきましょう!


   ファイナンシャルプランナーの資格
   ファイナンシャルプランナーの試験について




スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.