介護福祉士の受験資格

    

人気の資格一覧

menu

介護福祉士の受験資格




                 



介護福祉士の試験は所定の実務経験がある人、または福祉系専門高等学校を卒業した人、のいずれかが受験できます。

所定の実務経験とは、介護等の業務に3年以上従事した人です。詳しく言うと就業期間が3年以上あり、実際の従事日数が540日以上あることが条件となります。

これは、受験の申込時に所定の実務日数に達していなくても、筆記試験実地日の前日までに条件を満たす見込みのある人は受験が可能です。そして、福祉系の高等学校または中等教育学校(専攻科含む)で、福祉に関する所定の科目と単位数を修めて卒業した人も受験資格があります。


スポンサードリンク

介護福祉士の資格取得の方法



介護福祉士の資格取得には、次のようなパターンがあります。

養成学校を卒業し資格を取得する。これか国家試験を受けずに介護福祉士の資格を取得する方法で、さらに学歴等により次のように分かれます。

1.高等学校を卒業した人、あるいは高校卒業と同等の学力があると見なされる人が、2〜4年制の短大や専門学校などの介護福祉士養成施設で勉強し卒業し、介護福祉士の登録をうける。

2.福祉系の大学や短大でで勉強し卒業した人、大学や専門学校等社会福祉士や保育士の養成施設で勉強して卒業し、介護福祉士の登録を受ける。

国家試験を受験し取得する

上記のほかに最も一般的なものが国家試験を受験して合格し、介護福祉士の登録を受ける方法があります。
介護福祉士ってどんな資格?給料はどのくらい?



介護福祉士のこれから


介護福祉士の需要は年々増加傾向にあります。

常勤や正社員での採用が多く安定性もあり、これからますます必要とされる資格となっていくでしょう。

これは、近年の急激な高齢社会が背景にあります。そしてこれから先は超高齢社会へと進んでいくことは今の日本においては必須です。それは介護従事者の需要の高まりと比例します。介護福祉士の養成スクールも増えていますのでこれからも大勢の人が介護福祉士を目指すものと予想されます。


   介護福祉士ってどんな資格?給料はどのくらい?



スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.