医療事務の試験って何するの?

    

人気の資格一覧

menu

医療事務の試験




                 



医療事務の資格試験には様々な種類があります。

まずはどの資格を取得したいかを決めましょう。それにより勉強方法や取得方法も変わってきます。

まず一番医療事務の資格で格が高いものが医療保険事務協会の診療報酬請求事務能力認定試験です。

この認定試験は7月と12月の年二回行われています。合格率は30%前後と難易度は高く、そのため持っていれば有利な資格です。

学科試験と実技試験で行われ、学科試験では選択方式の筆記試験、実技試験は実際にレセプトを作成するものです。受験するには日本医療保険事務協会に申込をします。医療事務の専門学校等、団体単位で申し込む場合は学校・スクールの方でまとめて申込をしてくれる場合もあります。

診療報酬請求事務能力認定試験は、今実際に現場で医療事務として働いている人でもなかなか合格するのは難しいといわれてますので、合格を目指す方はそれなりの勉強や努力が必要です。傾向がありますので過去問は必ず何度も解いておきましょう。診療報酬請求事務能力認定試験に合格している人には給与面で待遇がある病院もあります。

医療事務技能審査試験について

医療事務技能審査試験はよく知られる医療事務の資格のひとつで、厚生省認定の公的資格です。1級と2級があり、医科または歯科のどちらかを選び受験します。

試験内容は2級では
(1)実技T…患者接遇
(2)実技U…診療報酬請求事務学科
(3)医療事務一般知識
となっており、

1級では
(1)実技T…接遇、院内コミュニケーション
(2)実技U…診療報酬請求事務学科
(3)医療事務専門知識
となっています。

試験は1級は6月と12月の年2回、2級は4・6・7・8・9・10・12・2月の年8回行われています。

合格率は1級、2級ともに60%前後と取得しやすい資格です。独学で医療事務の資格をと考える方にもおすすめの資格です。ニチイ学館はこの資格の代表的な受験指定校です。


スポンサードリンク

医療秘書技能認定試験



医療秘書教育全国協議会の医療秘書技能検定も、級によって取得するととても価値のある資格となります。

医療秘書技能検定は1級・準1級・2級・3級とあり、

試験科目が
T.医療秘書実務及び医療機関の組織・運営、医療関連法規
U.医学的基礎知識、医療関連知識
V.医療事務
と大きく3つに分かれます。

Tの範囲での医療秘書実務とは、秘書検定での問題とよく似ています。医療関連法規では健康保険法や医師法など医療に関連する法律についての問題が出されます。

Uの医学的基礎知識とは、看護師さんとまではいきませんが、ある程度の疾患や医療略語などの知識などが問われます。医療漢字の問題もあります。

そしてVの医療事務は、実際にカルテからレセプトを作成します。

この3つの領域の正解の合計が全体で180点以上ある者のうち、それぞれの領域の正解が、60%以上の場合、合格となります。

医療秘書技能検定の合格率は、3級は70%程度、2級は40〜50%程度、準1級は20〜25%程度、1級では5%程度です。

3級試験は医療事務の学校などに行っていたなら持っていて当然という程度の資格です。過去問をしっかりやっていれば合格できると思います。準1級になるととても価値のある資格です。1級はさすがにちょっと手が届きにくいです。合格した人は医者や看護師と同等レベルの医学知識を持っているそうです。

医療秘書技能検定の日程

医療秘書技能検定は6月と11月の年2回行われています。願書は医療秘書教育全国協議会のホームページで入手可能です。



その他の医療事務の試験


他に医療事務に関する試験ですが、医療秘書教育全国協議会の医事コンピュータ技能検定というものがあり、これは近年の病院や診療所などで医事コンピュータ(医事コン)の普及していることから、取得しておくと有利なものと言えます。

医事コンピュータを使い、カルテや診療伝票を元に正しくレセプトの作成が出来るかどうかが問われます。

準1級・2級・3級があり6月と11月の年2回行われています。

試験内容は学科試験と実技試験で行われ、筆記試験では「医療事務」「コンピュータ関連知識」から出題され、実技試験「オペレーション実務」では医事コンでの実際のレセプト作成技術が問われます。

合格率は3級が70%程度、2級60%で、私が医療事務の専門学校に通っていた当時(2005年ごろ)は準1級が開設されたばかりで合格率もかなり低かったのですが、ここ最近では準1級の合格率も60%程度のようです。


   医療事務の資格が大人気!
   医療事務の給料はいくら?
   医療事務の求人ってちゃんとある?
   医療事務として派遣で働くという選択
   ニチイ学館の医療事務講座



スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.