歯科助手の資格や仕事の内容・気になるお給料について

    

人気の資格一覧

menu

歯科助手の仕事内容




                 



歯科助手の仕事は主に予約の対応などを含む受付業務・PC入力などの事務業務・機器の消毒や薬品の管理など診療室内の管理・バキューム操作、セメントの練和といった専門知識が必要とされる診療介助などがあります。

歯科助手の良いところは、年齢を問わず経験が全国で通用するところです。歯科クリニックの数は毎年増加しているので歯科助手の需要もそれに比例して増加しています。

歯科助手の資格とは?

歯科助手として働くのに必要な資格は定められていません。

資格が無くても働くことができますし、未経験可といった求人も多く見られます。

しかし、歯科助手養成講座を修了していることで仕事探しの際に有利になることは間違いありません。

歯科助手についての「専門的勉強をした人>未経験の人」という方程式は十分に成り立ちます。

それに未経験でいざ仕事に就いてみると、何も知識が無い状態なので業務に慣れるのが非常に大変です。

歯科助手養成講座は数多くありますので自分にあったところを見つけ講座を修了すれば、必ず後に役立つことは間違いありません。歯科助手に関する資格には、歯科助手検定試験や医療事務管理士(歯科)などがあります。


スポンサードリンク

歯科助手の求人募集や気になるお給料・アルバイトについて



歯科助手の求人は、新聞折込の地元の求人広告チラシにもよく見られます。

雇用形態は主にフルタイムかパートが多く、アルバイトでの募集もあります。給料は首都圏でフルタイム15〜17万程度、パートやアルバイトでは時給850円〜1,000円程度のところが多いようです。

病院では日・祝日は休みのところがほとんどですし、時間も夕方5,6時までといった形態が多いのですが、歯科医院ではそのクリニックによって休日や時間帯は様々で、夜も診療を行っているところも数多くありますのでローテーション制で勤務を組んでいる場合が多いようです。



歯科衛生士について


歯科衛生士とは、国家資格の医療従事者です。

歯科助手とは立場が異なりますが、実際の現場ではこれらの区別があまり素人目からみては分かりずらいです。

歯科助手は基本的に、「診療の補助」をするという位置づけであり、治療に関すること、つまり患者の口腔内を触るようなことはできません。歯科衛生士も歯科医師のような治療は行えませんが、歯科助手よりも患者の口腔内の衛生に関わることができます。

歯科衛生士になるには条件があります。

高等学校を卒業した者、通常の課程による12年の学校教育を修了した者、学校教育法施行規則第69条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるとみとめられる者、以上が歯科衛生士養成校に入るための受験資格となります。

歯科衛生士養成校で2年以上修業し、(歯科衛生士学校養成所指定規則の一部改正により平成17年4月1日より3年以上、経過措置期間は平成22年3月31日までの5年間)卒業すると歯科衛生士試験の受験資格が得られます。

国家試験合格者に歯科衛生士の資格が与えられます。必要書類を財団法人歯科医療研修振興財団へ提出し、免許証の申請をし免許証を取得して初めて歯科衛生士として働くことができます。




スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.