社会保険労務士の難易度・参考書やテキストの選び方

    

人気の資格一覧

menu

社会保険労務士の試験と難易度




                 



社会保険労務士は、一般に「社労士」などの呼び名で知られています。

社会保険労務士は、労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律などこれらの法に基づき、申請書などの書類の作成・提出手続き代行、申請等の事務管理、帳簿の作成及び労務管理や社会保険についての相談・指導等を行います。

近年の高齢化問題や景気後退による事業縮小に伴う一時的労働力余剰問題、労働時間短縮などの新たな社会問題を背景に、相談、指導についての業務の需要が増加しています。

社会保険労務士になるには?

社会保険労務士として働くには、国家試験である社会保険労務士試験に合格し、2年以上の実務経験のある者が都道府県社会保険労務士会に登録してはじめて社会保険労務士になる事が出来ます。

しかし2年以上の実務経験といってもそういう仕事に就く機会がない人はどうすれば良いのでしょうか。

それは、「事務指定講習」という通信講座とスクーリングを受け、証明書をもらえば社労士会に登録できることになっています。

平成19年度の社会保険労務士試験の受験者は45,221人で、合格者は4,801人でした。合格率は10.6%と過去10年で最高でした。

他の年も7.6%から9.4%の間であり、難易度は高く合格にはひたむきな努力が必要とされます。独学で試験に合格するのは非常に難しいといわれており、合格を目指す人は資格指導校や、通信などで学び受験しています。


スポンサードリンク

社会保険労務士になるためのおすすめ参考書、テキストについて



社会保険労務士についてのガイドや参考書、テキストなどは数多くあり、どれを選べばいいのか分からない人も多いと思います。

まず言えることは過去問は必ず手に入れるということです。

資格試験には必ず傾向というものが存在します。ですが過去問をやるだけではもちろんだめです。

基礎の知識から深い知識まで総合的に勉強し見につけた人が難関の社会保険労務士試験に合格できるのです。

私的におすすめのテキストですが、ユーキャンの資格試験シリーズのユーキャンの社労士速習レッスンというのが一番分かりやすそうで実用性もあり、人気も高いのでいいのではないかと思います。

気になる人はアマゾンなどで調べてみては。

内容紹介には「ユーキャン通信講座で蓄積したノウハウを盛り込んだ《わかりやすい》基本書です。

過去問題と最近の出題傾向を徹底分析し、10科目の重要ポイントをコンパクトにまとめてあります。

最新の法改正にもしっかり対応しています。「読みやすい文章」「豊富な図表・イラスト」「充実した補足解説」で、合格レベルまでしっかりと導きます。本書1冊で、合格に必要な知識が、無理なく無駄なく身に付きます。」とあります。このシリーズでは予想問題集版もあり役立ちそうです。



社会保険労務士の募集


ヤフーやグーグルなどで、「社会保険労務士 募集」と検索をかけてみると、数多くの個人事務所からの募集が表示されます。合格率が低く、難易度が高い資格であるからこそ、その資格の価値は絶大なもの。需要も多いです。新聞の求人コーナーにもよく社会保険労務士の募集記事を見かけます。社会保険労務士専門の求人サイトもインターネット上に存在します。独立開業する人も多い職種です。


社会保険労務士のLEC


社会保険労務士を目指すうえで、有名なのが社労士の通信通学講座のLEC(レック)東京リーガルマインドです。

講座についてのページで詳しく説明しますが、LECでは初学者向け、受験経験者向け、通信オリジナル講座、講師オリジナル講座など数多くの講座のなかから自分に合った勉強法で効率よく学べます。人気の資格取得講座です。

   社会保険労務士の試験について
   社会保険労務士の受験資格は?
   人気の社会保険労務士講座
   社会保険労務士の求人の現状は?



スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.