精神保健福祉士の求人情報

    

人気の資格一覧

menu

精神保健福祉士の求人




                 



まずは精神保健福祉士の仕事内容についてですが、求人募集がされる場所の例として主に精神病院及び診療所、精神障害者生活訓練施設、精神障害者地域生活支援センター、保健所、精神保健福祉センター等になります。

そのほか、企業のメンタルヘルス機関や、教育及び研究機関でも需要があり、今後更に広がっていくことが予想されています。

仕事内容としては、精神障害を持つ方の、生活相談や社会復帰相談等の相談を受けて、医療的、福祉的に支援をしたり、精神障害を持つ方からの就労相談や各種制度利用相談等の相談業務など、働く場所により違います。

精神保健福祉士の求人はどのくらいあるか

ハローワークなどで探すと、精神保健福祉士(PSW)としての求人はたまに見られるといった程度しか無いようです。

また、求人を運良くハローワークで見つけたとしても、実際に面接に行ってみると実際の業務は本来の精神保健福祉士としての仕事内容とはかけ離れたものだった・・・ということもあります。

以前はこの時点でどうしたら良いのか分からない、というのが現状でした。しかし今はインターネットで求人募集を数多く探せるようになって来ました。精神保健福祉士の求人は表にはあまり出てこないことが多い職種ですが、インターネットの求人サイトでは多々募集が見られるようになりました。


スポンサードリンク

精神保健福祉士の募集について



では実際にどのような募集がされているのでしょうか。

インターネットで「介護保険福祉士 求人」で検索してみます。

すると意外と多くの情報がヒットします。実際の募集は、病院から診療所、保健センターまで色々とあり、「多い」とは言えませんが募集が無いということはありません。

仕事内容も精神障害者のサポートや認知症の専門相談、精神科訪問看護や往診補助など、精神保健福祉士と一口いってもその業務の内容は実に様々です。

精神保健福祉士の求人を探している人は、ハローワークや新聞の求人等を利用するのに加えてインターネットでの情報収集も非常に大切になってきます。

精神保健福祉士の就職、採用


精神保健福祉士などの求人がそれほど多いとは言えない職種での就職・採用を目指す人は、こまめな情報収集が非常に大切になってきます。

ひとつの求人も見逃すとチャンスが減ってしまいます。上記にも述べたとおり、色々な面から求人募集を探すことが第一です。

ここで大切なのは諦めてはいけないことです。

その仕事に就けないのなら、その資格が存在する意味はありません。需要があるからその資格も存在しているのです。

精神保健福祉士が採用されるのにおいて必要とされるのは、経験ももちろんあるのにこしたことはないのでしょうが、資格があれば即採用といったことが多いのです。

それだけ資格に価値があると考えて良いと思います。焦って本来の自分の希望とは違う仕事内容のところに就職することは、その後の後悔に繋がりますので辞めた方がいいでしょう。


   精神保健福祉士の受験資格や専門学校・養成施設など




スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.