行政書士の求人はあるのか

    

人気の資格一覧

menu

行政書士の求人の現状




                 



行政書士の求人の現状はどうなのでしょうか。

インターネットで「行政書士 求人」と調べてみると・・・行政書士の事務所からの求人が色々と出てきます。その中に見られるのが「行政書士 実務研修」といった募集。

これは、行政書士の求人が少ないためにこういった研修を行い、そこで経験を積んでから開業するといった流れを作っているところです。

私的には、他の資格の求人情報を探すときと比べると行政書士の求人は少ない方ではないと思います。

しかし自分の住む地域に限って求人を探すとなると、やはり色々と難しい面が出てきてしまいます。

求人が少ないことで経験が積めない人のためにこういった実務研修があります。行政書士の仕事内容は本当に様々で範囲も広く、色々な分野から求められることが多いです。

相続・遺言関係、土地、権利、法人設立、自動車、知的財産、離婚・・・等々それは働く場所により出来る仕事が限られている場合もあるので、求人を探す上でその会社の仕事内容は必ず確認しておきましょう。

せっかく難関資格に合格したのですから、自分のやりたいことが出来る場所を選びたいものです。

これから独立開業を目指す人で、とりあえず経験をと考える人は、これから先のためにも少ない範囲の業務だけを行っているところではなく、なるべく多くの分野に関する仕事が出来るところを選ぶと役立ちます。

開業したときの収入は、その人の力量にかかっています。一部の分野の仕事しか経験していないと、それしか出来ないので収入もそれなりにしかなりません。


スポンサードリンク

行政書士の求人(未経験の人編)



未経験の人はどのくらい仕事を探す上で制限があるのでしょうか。普通他の仕事ですと、未経験不可だとか未経験と経験者では給料にもの凄い差があったりだとか、そういった待遇が待ち受けていることが多いのですが、行政書士に関してはこういったことはあまり無いようで、求人情報を見る限りでは「未経験歓迎」「未経験可」という求人もあります。

その人のやる気・誠実さ重視!といった求人もありました。補助者の募集にこういったことが多いようですね。

行政書士の求人(補助者・講師編)



行政書士の補助者の求人というのは、すでに経験がある先輩のアシストをするという仕事になります。もちろんこれは経験として役立ちます。

給料は時給のところが多く、土日祝日、年末年始は休みなどといった待遇から活躍しているのは女性が多いようです。行政書士としての働き方には補助者としての働き方もあるのです。

そして講師として働くという選択肢もあります。やはりこれはそれほど簡単には見つからないことが多いのですが、資格学校の講師や行政書士の実務講習の講師といった形態で募集をかけていることがあります。



   行政書士の資格とは
   行政書士試験について
   行政書士の年収ってどのくらい?試験の合格率は?
   行政書士を独学で目指したい!
   行政書士として開業する




スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.