行政書士として開業する

    

人気の資格一覧

menu

行政書士として開業するには?




                 



行政書士として開業するには、まずは日本行政書士会連合会へ、その事務所を設けようとする都道府県の行政書士会を経由して登録をしなければなりません。

必要書類等は各都道府県によって異なります。登録費用は各行政書士会で異なりますが、150,000〜200,000円程度です。登録申請が終わると、書類審査、事務所調査等があり、約2〜3ヶ月後に入会手続の後、業務の開始が可能になります。(都道府県により事務所調査がない場合も)

開業する場所ですが、最初は自宅から始める人が圧倒的に多いようです。

まだ収入がない状態で事務所を構えるのは非常に危険です。

実際に開業してからは、まず顧客を獲得しなければなりませんので、営業のために必要なのは名刺です。

行政書士の開業費用といえば、そのくらいではないでしょうか(パソコンやプリンターは持っていることを前提で)。

開業資金よりも、営業にお金を使えとはよく言われていますが、まさにその通りです。それから営業をやっていく上で、自分の事務所のホームページなどがあると信頼も増すのではないでしょうか。

そのホームページを通し仕事の依頼など無くても、営業していく上での強みになることと思います。自分で作れるかたは作っておくと良いと思います。


スポンサードリンク

行政書士を自宅で開業する



行政書士として開業する場所として、自宅を選択する人は多いのですが、自宅で開業するメリットはなんといってもお金です。

事務所をほかに構えるとなるとどうしてもお金の面で無理が出てきてしまいます。面談の場所なども、最初はカフェやファミレスなどで十分です。自宅に看板が出ているところを何件か実際に見たことがあります。

看板が出ているだけで利用者のほうはある程度信頼してくれるものです。大掛かりな事務所は稼げるようになってからで十分です。

行政書士の開業セミナーや講座について


行政書士の開業セットなるものや、セミナー、講座がインターネット上で数多く見られます。

私が思うに、こういったものを利用するのもありだと思っています。確かに費用は安くはないのです。しかしその費用をあとで高かった、もったいなかったと思うか、安かった、利用してよかったと思うかはその後の自分の努力次第です。

結局は自分の意思にかかっているのです。自分でいざ開業するとなると、業務をして行く上で必要となるものなど最初は全く分からないと思います。

普通はそこから自分で分からないことを調べたりしながらやっていくものですが、開業セットやセミナーなどを利用すればその調べる手間や時間を大幅に削減することができます。

分からないことは人に聞くのが一番です。しかし、こういったものを一切利用せずに開業している人もたくさんいますのでこれはひとつの手として考えるといいと思います。しつこく言いますが、結局は自分の努力や意思が全てです。



   行政書士の資格とは
   行政書士試験について
   行政書士の年収ってどのくらい?試験の合格率は?
   行政書士を独学で目指したい!
   行政書士の求人はあるのか




スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.