社会福祉士の難易度は?給料はどのくらい?就職事情ナド

    

人気の資格一覧

menu

社会福祉士とは?どんなところに就職するのか?給料は?




                 



社会福祉士は、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。

社会福祉士とは、「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」と「社会福祉士及び介護福祉士法」に記述されています。

社会福祉士としての就職先

実際に社会福祉士が活躍する場所はどんなところでしょうか。

就職先としては、病院、児童相談所、養護施設、知的障害児施設、福祉事務所、知的障害者更生施設、特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター等があります。

こういった場所で相談や援助業務を行います。

社会福祉士資格をもっていなければ、この業務につけないということはありませんが、社会福祉士資格をもっていることは、専門職としての水準の高さを表すものであり、就職の際有利であることは間違いありません。



社会福祉士の給料



では社会福祉士のお給料はいくらくらいなのでしょうか。

これは働く場所により違ってくるのですが、福祉系の仕事というのはどうしても仕事の割りに給料が安すぎるといった現状があります。

社会福祉士として働いている、というとイメージ的にはお給料が良さそうだなと思うのが一般的な考えかもしれませんが、実際にはそれほどは高くはないのが現状です。

平均して月給160,000円〜220,000程度が相場のようです。


スポンサードリンク

社会福祉士の難易度



社会福祉士になるためには社会福祉士国家試験に合格しなくてはなりません。

ではその試験の難易度はどの程度なのでしょうか。

平成19年度の社会福祉士国家試験の合格率は、30.6%でした。

なお平成18年度の合格率では27.4%と、例年合格率は約30%前後程度です。

これは難易度は中級くらいではないでしょうか。私は色々な資格試験を今まで受験してきましたが、合格率として40%〜60%程度は難易度は易しいといえ、30%〜40%程度は難易度中級、10%〜20%になってくると難易度は高いといえます。

しかし難易度が高い、イコール、持っている価値がある・・・と言えます。結局合格率が高い資格というのは、持っている人が多く誰でも取れるといったイメージが採用側にあるため、評価は低いのです。

社会福祉士の国家試験合格率は30%程度ということで、これは目指すのも十分いけますし、評価もそれなりにあるという非常に有効な資格であると私は思います。



社会福祉士の通信教育


社会福祉士の試験を目指す方法として、通信教育を受講するという方法があります。

社会福祉士の受験対策としての通信講座を行っているところは数多くあります。有名どころとしてはユーキャンがあります。

ユーキャンの介護福祉士の通信教育はなんといっても料金が月4,980円と格安です。

ユーキャンはどの資格講座においてもそうなのですが、値段の割に内容がしっかりしているな、というかんじです。

ユーキャンの社会福祉士通信講座の標準受講期間は7ヶ月です。ほかの通信講座もだいたいこのくらいの学習期間がかかると思っていいと思います。

そして参考までにですが、社会福祉士の合格者数20年連続第1位の実績があるところが日本福祉大学通信教育部です。こちらはあくまでも大学ですので、7ヶ月といった短期取得を目指すところではもちろんありません。



   社会福祉士の受験資格
   社会福祉士は国家試験です!




スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.