社会福祉士の受験資格

    

人気の資格一覧

menu

社会福祉士の受験資格について




                 



社会福祉士国家試験の受験資格を得る方法として、以下のように定められています。(社団法人日本社会福祉士会ホームページより)

1.福祉系大学(4年制)などを卒業した者

(1)厚生大臣が指定する12科目の指定科目を履修して卒業した場合
(2)厚生大臣が指定する12科目の指定科目のうち6科目の基礎科目を履修して卒業し、かつ、短期養成施設など・通信課程を修了した場合

2.福祉系短大などを卒業した者

 (1)福祉系短期大学(3年制の専修学校など)を卒業した者

A.厚生大臣が指定する12科目の指定科目を履修して卒業し、かつ、1年間の実務経験(指定施設における指定業務経験)のある場合

B.厚生大臣が指定する12科目の指定科目のうち6科目の基礎科目を履修して卒業し、1年間の実務経験(指定施設における指定業務経験)があり、かつ、短期養成施設など・通信課程(6カ月)を修了した場合

 (2)福祉系短期大学(2年制)を卒業した者

A.厚生大臣が指定する12科目の指定科目を履修して卒業し、かつ、2年間の実務経験( 指定施設における指定業務経験)のある場合

B.厚生大臣が指定する12科目の指定科目のうち6科目の基礎科目を履修して卒業し、2年間の実務経験( 指定施設における指定業務経験)があり、かつ、短期養成施設など・通信課程(6カ月)を修了した場合

3.法的職種を経験した者

5年以上、児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事、査察指導員の経験がある場合。

4.一般大学(4年制)を卒業した者

一般養成施設・通信課程(1年以上)を修了した場合

5.一般系短期大学(3年制の専修学校等)を卒業した者

1年間の実務経験(指定施設における指定業務経験)があり、かつ、一般養成施設など・通信課程(1年以上)を修了した場合

6.一般系短期大学(2年制)を卒業した者

2年間の実務経験(指定施設における指定業務経験)があり、かつ、一般養成施設など・通信課程(1年以上)を修了した場合

7.上記1〜6に該当しない者

4年間の実務経験(指定施設における指定業務経験)があり、かつ、一般養成施設など・通信課程(1年間)を修了した場合

※法の改正により、平成24年度からは、どれだけ実務経験があっても6ヶ月以上の養成研修を受けないと受験できなくなります。すでに実務経験が3年以上ある人は遅くとも平成23年度の試験(平成24年1月実施)までに受験したほうが良いです。まだ実務経験がない人は平成20年12月までに実務を始めれば平成23年度の試験(平成24年1月実施)を受験することができます。


スポンサードリンク

社会福祉士 受験資格の改定−通信教育を利用し資格取得を目指す人−



「社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律」が平成19年11月28日に成立し、介護の実務経験のない方が通信教育のみで介護福祉士国家試験の受験資格を取得できなくなりました。

改正の変更点は、2年間の通信教育のみで良かったものが、これに実務経験9ヶ月がプラスされました。

この変更により、今までの通信過程においてのカリキュラムを変更し、最後の1年間は介護の現場で研修という形で実際に働くといったやり方に変更し条件をクリアできるようにするところが出てきています。



   社会福祉士の難易度は?給料はどのくらい?就職事情ナド
   社会福祉士は国家試験です!





スポンサードリンク

Copyright (C) 2008-2013 人気の資格徹底解説! , All rights reserved.